スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏カイエ・デュ・シネマ誌「2011年トップ10」

2011年12月6日 フランス映画雑誌『Les Cahiers du Cinema』
"TOP 10 2011"


Les dix meilleurs films de 2011 selon les Cahiers du Cinema - envoyez vos listes | Facebook


1位 ローマ法王の休日 (イタリア)
ナンニ・モレッティ / ミシェル・ピッコリ
Habemus Papam

2位 The Strange Case of Angelica (O Estranho Caso de Angelica)
 (ポルトガル)
マノエル・デ・オリヴェイラ / ピラール・ロペス・デ・アジャラ
O Estranho Caso de Angelica

2位 ツリー・オブ・ライフ
 (アメリカ)
テレンス・マリック / ブラッド・ピット
The Tree of Life

4位 アウトサイド・サタン
 (フランス)
ブリュノ・デュモン / ダヴィド・ドゥワエル
Hors Satan

4位 エッセンシャル・キリング
 (ポーランド、ノルウェー、アイルランド、ハンガリー)
イエジー・スコリモフスキ / ヴィンセント・ギャロ
Essential Killing

6位 メランコリア
 (デンマーク、スウェーデン、フランス)
ラース・フォン・トリアー / キルステン・ダンスト
Melancholia

6位 灼熱の肌
 (フランス)
フィリップ・ガレル / モニカ・ベルッチ
Un ete brulant

8位 SUPER8/スーパーエイト
 (アメリカ)
J・J・エイブラムス / ジョエル・コートニー
Super 8

8位 ある娼館の記憶
 (フランス)
ベルトラン・ボネロ / アフシア・エルジ
L'Apollonide

8位 Meek's Cutoff
 (アメリカ)
ケリー・ライヒャルト / ミシェル・ウィリアムズ
Meek's Cutoff
関連記事
スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。