映画にまつわるランキングやリストのまとめ。

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
Profile

v-v-v

Author:v-v-v
メディアによって発表された映画の
ランキングやリストをまとめています。

速報性はありませんので、
データベースとしてお楽しみください。

Message
こういうランキング、リストはないのか?というリクエストがありましたらお気軽にメッセージを。

名前:
メール:
件名:
本文:

Category
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米アフターエルトン「ゲイ映画ベスト50」1~10位

2008年9月 アメリカ『AfterElton.com』
"The Fifty Greatest Gay Movies! "


AfterElton.comでの初めてのベスト男性ゲイ映画の人気投票を行うに際して、
私たちは一体何本のゲイ映画が「最高」だとされうるのかを考えた。
50がちょうどいいように思えたのだが、自信はあまりない。
とにかく投票をやってみて、みんなに票を投じてもらった。

選ばれたのは570の映画。

AfterElron.comにおいて、ゲイ映画は私たちの仕事の大きな部分を占めている。
私たちは1日中、それを見て、それについて考え、それについて書くのだ。
しかしその私たちですら、この投票で選ばれた映画の質と多様性には驚かされた。
ビッグバジェットのドラマ、風変わりなインディーもの、ロマンティックコメディ、
ミュージカル、そしてゲイティーンセックスコメディまで。

要するに、超いいゲイ映画がたくさんあるってこと!

興味深い統計もいくつか。
"真夜中のパーティー"(1970)と、"ロッキー・ホラー・ショー"(1975)の2つ以外は、
リストにあるすべての映画が1980年代以降に作られたもの。
どうして?ゲイの人たちはクラシックフィルムが好きじゃないの?
もちろんちゃんとした理由は、ゲイ関連のものは1980年代まで滅多にあるものじゃなかったし、
もしあったとしても、ほとんどすべて侮辱的なものだったからだけど。

イギリスやスペイン、オーストラリア、カナダなどの、
アメリカ以外の映画がトップ50のほぼ3分の1を占めた。
コメディー(17本)よりドラマ(33本)が多かった。
ということは、ゲイの人たちはドラマの方が好みということか、
もしくは現在までのゲイ映画のほとんどがよりシリアスな傾向にあるのかも?

ともかく「ゲイ映画」とは一体なんだろう?
それはそれぞれが決めればいいことだけど、
どんな場合でも、少なくとも1人のゲイ、またはバイセクシュアルの
主要登場人物がいる。

では、何が映画を「最高」にするのだろう?
究極的に主観的な問題だが、
私たちは、このリストにあるほぼすべての映画が、
重要な点で、それまでのすべてのゲイ映画にはない、
新しさや違いを持っていることに大変な価値があると思っている。

これはハリウッドが学ばないであろう教訓を証明してくれたようだ。
観客は、昔流行ったものの古くさい再生品ではなく、新鮮なオリジナルを好むのだ。

リストは主題に関して多様性に富んでいる一方で、
人種の多様性となると話は違う。
トップ20の映画の中では、"ビッグエデン"(2000)と
"マイ・ビューティフル・ランドレット"(1985)だけに
有色人男性に本質的な役柄がある。
"ビッグエデン"においてエリック・シュウェイグは
ネイティブ・アメリカンのキャラクター、パイクを、
"ランドレット"において、ゴードン・ウォーネックはオマールを演じている。

これが定期的な投票となると、リストから外れた古い映画や、
新たにリストに上がる新しい映画を見るのがおもしろくなるだろう。
今年大きな評判になったため、リストの高い位置についたいくつかの映画は
まもなく公開される"ミルク"のような新しい映画が来年のリストを騒がせることで、
今後いくぶんかその印象が薄れていくのは確かである。
ゲイシネマが引きつづき成長し繁栄するような
大きなムーブメントがあることを願っている。

では早速、AfterElton.comの「最高のゲイ映画50」をどうぞ!
The Fifty Greatest Gay Movies! | AfterElton.com


1位 ブロークバック・マウンテン (2005/アメリカ)
アン・リー / ヒース・レジャー
Brokeback Mountain

2位 とても素敵なこと-初恋のフェアリーテール
 (1996/イギリス)
ヘティ・マクドナルド / ミーラ・サイアル
Beautiful Thing

3位 シェルター
 (2007/アメリカ)
ジョナ・マーコウィッツ / トレヴァー・ライト
Shelter

4位 ラター・デイズ
 (2003/アメリカ)
C・ジェイ・コックス / スティーヴ・サンドヴォス
Latter Days

5位 モーリス
 (1987/イギリス)
ジェームズ・アイヴォリー / ジェームズ・ウィルビー
Maurice

6位 トリック
 (1999/アメリカ)
ジム・フォール / トリ・スペリング
Trick

7位 同級生
 (1998/イギリス)
サイモン・ショア / ベン・シルヴァーストン
Get Real

8位 ビッグエデン
 (2000/アメリカ)
トーマス・ベズーチャ / アリー・グロス
Big Eden

9位 ブロークン・ハーツ・クラブ
 (2000/アメリカ)
グレッグ・バーランティ / ティモシー・オリファント
The Broken Hearts Club: A Romantic Comedy

10位 プリシラ
 (1994/オーストラリア)
ステファン・エリオット / テレンス・スタンプ
The Adventures of Priscilla, Queen of the Desert

関連記事
スポンサーサイト

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://grfs.blog.fc2.com/tb.php/381-ed2392b9


Search
Video On Demand




DVD Rental




ぽすれん
Magazine
fujisan.co.jpへ

fujisan.co.jpへ

fujisan.co.jpへ

fujisan.co.jpへ

fujisan.co.jpへ

fujisan.co.jpへ

fujisan.co.jpへ

Amazon
Link
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QR Code
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。