スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英テレグラフ紙「ベストフィルム100」7/10 ドキュメンタリー映画

1位 アメリカン・スプレンダー (2003/アメリカ)
シャリ・スプリンガー・バーマン&ロバート・プルチーニ / ポール・ジアマッティ
American Splendor

2位 The Sorrow and the Pity
 (1969/フランス、スイス、西ドイツ)
マルセル・オフュルス / ジョルジュ・ビドー
The Sorrow and the Pity

3位 素晴らしき映画野郎たち
 (1999/アメリカ)
クリス・スミス / マーク・ボーチャート
American Movie

4位 運命を分けたザイル
 (2003/イギリス)
ケヴィン・マクドナルド / ブレンダン・マッキー
Touching the Void

5位 Capturing the Friedmans
 (2003/アメリカ)
アンドリュー・ジャレッキ / アーノルド・フリードマン
Capturing the Friedmans

6位 チャレンジ・キッズ 未来に架ける子どもたち
 (2002/アメリカ)
ジェフリー・ブリッツ / アンジェラ・アルニバル
Spellbound

7位 ぼくの好きな先生
 (2002/フランス)
ニコラ・フィリベール / ジョルジュ・ロペス
Être et Avoir

8位 ハーツ・アンド・マインズ/ベトナム戦争の真実
 (1974/アメリカ)
ピーター・デイヴィス / ジョルジュ・ビドー
Hearts and Minds

9位 My Kid Could Paint That
 (2007/アメリカ、イギリス)
アミール・バー・レフ / マーラ・オルムステッド
My Kid Could Paint That

10位 ニール・ヤング/ハート・オブ・ゴールド ~孤独の旅路~
 (2006/アメリカ)
ジョナサン・デミ / ニール・ヤング
Neil Young: Heart of Gold
関連記事
スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。