映画にまつわるランキングやリストのまとめ。

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
Profile

v-v-v

Author:v-v-v
メディアによって発表された映画の
ランキングやリストをまとめています。

速報性はありませんので、
データベースとしてお楽しみください。

Message
こういうランキング、リストはないのか?というリクエストがありましたらお気軽にメッセージを。

名前:
メール:
件名:
本文:

Category
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国映画協会「イギリス映画100選」1~10位

1999年9月 イギリス『British Film Institute』
"The BFI 100"


20世紀の人気イギリス映画選

パブやディナーパーティーでのある会話。
「最高のイギリス映画って?」
「簡単だよ。『ドクター・ノオ』か『逢びき』だろ。」
「じゃあ『ウィズネイルと僕』とか『三十九夜』は?」

もちろん結論は出ない。

しかし世紀の変わり目は、イギリスの映画制作の一世紀を反映するのに
これ以上ない最適なタイミングだ。
「1番は何か」という答えようがない質問の答えを出そうとするより、
プロの好みがどういったものなのかを示すために、
多くの映画を見てきたイギリス映画の関係者の意見を集めるのがいいだろう。

1999年の初め、BFIは小冊子を作り、
イギリス中の映画、映画館、テレビ業界のすべての要素を網羅する1000人、
プロデューサー、監督、ライター、俳優、技術者、研究者、出品者、配給者、
エグゼクティブ、批評家にそれらを送った。
参加者は、20世紀中に公開され、強い印象を残した「文化的にイギリス」の映画を考えること、
(また、最大100作品までに投票すること)が求められた。
全部で25700以上の票が、820作品に投じられた。

最終的に選ばれた結果は読まずにはいられないものになった。
1935年から1998まで、70年に渡り、70人の国際的な才能ある監督の作品が名を連ねた。
1位はキャロル・リードのクラシック、『第三の男』である。
主要登場人物のジョセフ・コットン、オーソン・ウェルズは共にアメリカ人であるにも関わらず、
イギリス映画中のイギリス映画だ。
続く2位は『逢びき』、イギリスからしか生まれえない、荘厳な抑圧されたロマンスである。
これら2本の映画には、トレヴァー・ハワードが出演しており、
また、興味深いことに両作品とも同じ撮影監督、才能あるオーストラリア生まれの
ロバート・クラスカーによって撮られたものである。

トップ10は、当然と言えるいくつかの名前により構成された。
デヴィッド・リーンによる3作品、他はアルフレッド・ヒッチコック
(1999年に100周年を迎えた)、ニコラス・ローグ、ケン・ローチ、キャロル・リード
ロバート・ハマー、マイケル・パウエル&エメリック・プレスバーガーによる作品だが
素晴らしいことに、10位は1990年代の映画、ダニー・ボイル監督による
『トレインスポッティング』である。

トップ10は賞賛されているクラシックで占められている。
『第三の男』、『逢びき』、『アラビアのロレンス』、『三十九夜』、
『大いなる遺産』、『カインド・ハート』、『赤い靴』、
これらはすべて深く愛されている、イギリス人のお気に入りであり、
その賞賛に値するものであるが、そこには、同様に『トレインスポッティング』や、
ケン・ローチの『ケス』、ニコラス・ローグの『赤い影』も入っている。
これらは映画制作の中でもより神経質な作品であり、
心地よい安心感とクセのあるシャープさの素晴らしいバランスがトップ10を
とても魅力的にしている。

BFI100のどこを取っても、隅々まで等しく魅力的だ。
サイレント映画はない。ドキュメンタリーは1本だけ。1930年代からは3作品、
(最も古いものは1935年に制作されたヒッチコックの『三十九夜』である)
1940年代からは16作品、1950年代からは10作品、1960年代からは26作品、
1970年代からは10作品、1980年代からは18作品、1990年代からは17作品が選ばれた。
意外ではないが、シェイクスピアやディケンズからロディ・ドイルや
アーヴィン・ウェルシュまでの、文芸作品の翻案作品が強く目立ちつつも、
『Carry On』がリストにふらっと入ったように、
教養のあるものと無教養なものが易々と混ざっている。

1960年代のアイコン、マイケル・ケインやジュリー・クリスティは、
それぞれ、BFI100の中の7本、6本の映画に主演している。
しかし、役者の"トップ"はアレック・ギネスであり、
トップ10内の『アラビアのロレンス』、『大いなる遺産』、『カインド・ハート』の
3作品を含んだ、見事9作品に出演している。
デヴィッド・リーンは100作品中の6本を監督し、さらにノエル・カワードと共同監督もしている。
一方、カワード、リチャード・アッテンボロー、ローレンス・オリヴィエ、リンゼイ・アンダーソン、
モンティ・パイソンチームの2人は俳優と監督の両方で現れている。

1960年代には、リンゼイ・アンダーソンや、カレル・ライス、トニー・リチャードソン、
ジョン・シュレシンジャー、ジョセフ・ロージーがリードした、純粋なドラマだけでなく、
社会的な問題に焦点を当てることが許された作品が、怒りの声に好まれるようになった。
その10年における、イギリス映画の大きな変化を強く表している作品がリストに入っている。
実際には、シュレシンジャーは100作品中、4本(パウエル&プレスバーガーと共に)、
トニー・リチャードソンは3本ランクインしている。

1990年代の17作品は、最近のものであり、より記憶に残っているため、
リスト入りしたのではないかという意見があるかもしれない。
ひょっとしたらそうかもしれないが、『エリザベス』や『ニル・バイ・マウス』、
『マイ・ネーム・イズ・ジョー』、『秘密と嘘』、『恋におちたシェイクスピア』のような映画が
どのようなイギリス映画100にも入るべきであることを主張するのは容易いことだ。
リストが、まさにイギリスの生活と時の形式の変化を反映しているように、
イギリス映画そのものは常に発展し続けている。
新たな映画制作者が現れ、新たな土地を開拓し、独自の視点を表現するのだ。

しかしながら、BFI100の鍵は、議論を引き起こすということにある。
もちろん、あの作品が入るべきだとか、これは入るべきではないという意見があるだろう。
もちろん、このリストに入っていないが、入るのが当然だと
熱く語られるような作品もあるだろう。
100作品の内のどれもが、この100年間に作られた全てのイギリス映画の
1%ほどを担いえるというだけなのだ。
BFI100は、私たちにとって、本当に優れた、時を超えたイギリス映画が作られているということを
思い出すための素晴らしいリマインダーとしてちょうど良いものである。
このすべてが、経験、記憶、想像、感情の多様なパレットなのだ。

このリストは、あらゆる議論のゴールではなく、スタートポイントとなることを
意図して、提供されるものである。
The BFI 100


1位 第三の男 (1949)
キャロル・リード / ジョセフ・コットン
The Third Man

2位 逢びき
 (1945)
デヴィッド・リーン / セリア・ジョンソン
Brief Encounter

3位 アラビアのロレンス
 (1962)
デヴィッド・リーン / ピーター・オトゥール
Lawrence of Arabia

4位 三十九夜
 (1935)
アルフレッド・ヒッチコック / ロバート・ドーナット
The 39 Steps

5位 大いなる遺産
 (1946)
デヴィッド・リーン / ジョン・ミルズ
Great Expectations

6位 カインド・ハート
 (1949)
ロバート・ハーメル / デニス・プライス
Kind Hearts and Coronets

7位 ケス
 (1969)
ケン・ローチ / デヴィッド・ブラッドレイ
Kes

8位 赤い影
 (1973)
ニコラス・ローグ / ドナルド・サザーランド
Don't Look Now

9位 赤い靴
 (1948)
マイケル・パウエル&エメリック・プレスバーガー / モイラ・シアラー
The Red Shoes

10位 トレインスポッティング
 (1996)
ダニー・ボイル / ユアン・マクレガー
Trainspotting

スポンサーサイト

英国映画協会「イギリス映画100選」11~20位

11位 戦場にかける橋 (1957)
デヴィッド・リーン / ウィリアム・ホールデン
The Bridge on the River Kwai

12位 If もしも…
 (1968)
リンゼイ・アンダーソン / マルコム・マクダウェル
If...

13位 マダムと泥棒
 (1955)
アレクサンダー・マッケンドリック / アレック・ギネス
The Ladykillers

14位 土曜の夜と日曜の朝
 (1960)
カレル・ライス / アルバート・フィニー
Saturday Night and Sunday Morning

15位 Brighton Rock
 (1947)
ジョン・ボールティング / リチャード・アッテンボロー
Brighton Rock

16位 狙撃者
 (1971)
マイク・ホッジス / マイケル・ケイン
Get Carter

17位 ラベンダー・ヒル・モブ
 (1951)
チャールズ・クライトン / アレック・ギネス
The Lavender Hill Mob

18位 ヘンリィ五世
 (1944)
ローレンス・オリヴィエ / ローレンス・オリヴィエ
Henry V

19位 炎のランナー
 (1981)
ヒュー・ハドソン / ベン・クロス
Chariots of Fire

20位 天国への階段
 (1946)
マイケル・パウエル&エメリック・プレスバーガー / デヴィッド・ニーヴン
A Matter of Life and Death

英国映画協会「イギリス映画100選」21~30位

21位 長く熱い週末 (1980)
ジョン・マッケンジー / ボブ・ホスキンス
The Long Good Friday

22位 召使
 (1963)
ジョセフ・ロージー / ジェームズ・フォックス
The Servant

23位 フォー・ウェディング
 (1994)
マイク・ニューウェル / ヒュー・グラント
Four Weddings And A Funeral

24位 Whisky Galore (Tight Little Island)
 (1949)
アレクサンダー・マッケンドリック / ベイジル・ラドフォード
Whisky Galore!

25位 フル・モンティ
 (1997)
ピーター・カッタネオ / ロバート・カーライル
The Full Monty

26位 クライング・ゲーム
 (1992)
ニール・ジョーダン / スティーヴン・レイ
The Crying Game

27位 ドクトル・ジバゴ
 (1965)
デヴィッド・リーン / オマー・シャリフ
Doctor Zhivago

28位 モンティ・パイソン/ライフ・オブ・ブライアン
 (1979)
テリー・ジョーンズ / グレアム・チャップマン
Monty Python's Life of Brian

29位 ウィズネイルと僕
 (1987)
ブルース・ロビンソン / ポール・マッギャン
Withnail and I

30位 グレゴリーズ・ガール
 (1980)
ビル・フォーサイス / ジョン・ゴードン・シンクレア
Gregory's Girl

英国映画協会「イギリス映画100選」31~40位

31位 ズール戦争 (1964)
サイ・エンドフィールド / スタンリー・ベイカー
Zulu

32位 年上の女
 (1958)
ジャック・クレイトン / シモーヌ・シニョレ
Room at the Top

33位 アルフィー
 (1966)
ルイス・ギルバート / マイケル・ケイン
Alfie

34位 ガンジー
 (1982)
リチャード・アッテンボロー / ベン・キングズレー
Gandhi

35位 バルカン超特急
 (1938)
アルフレッド・ヒッチコック / マーガレット・ロックウッド
The Lady Vanishes

36位 ミニミニ大作戦
 (1969)
ピーター・コリンソン / マイケル・ケイン
The Italian Job

37位 ローカル・ヒーロー/夢に生きた男
 (1983)
ビル・フォーサイス / バート・ランカスター
Local Hero

38位 ザ・コミットメンツ
 (1991)
アラン・パーカー / ロバート・アーキンズ
The Commitments

39位 ワンダとダイヤと優しい奴ら
 (1988)
チャールズ・クライトン / ジョン・クリーズ
A Fish Called Wanda

40位 秘密と嘘
 (1995)
マイク・リー / ブレンダ・ブレシン
Secrets & Lies

英国映画協会「イギリス映画100選」41~50位

41位 007/ドクター・ノオ (1962)
テレンス・ヤング / ショーン・コネリー
Dr. No

42位 英国万歳!
 (1994)
ニコラス・ハイトナー / ナイジェル・ホーソーン
The Madness of King George

43位 わが命つきるとも
 (1966)
フレッド・ジンネマン / ポール・スコフィールド
A Man For All Seasons

44位 黒水仙
 (1947)
マイケル・パウエル&エメリック・プレスバーガー / デボラ・カー
Black Narcissus

45位 老兵は死なず
 (1943)
マイケル・パウエル&エメリック・プレスバーガー / デボラ・カー
The Life and Death of Colonel Blimp

46位 オリヴァ・ツイスト
 (1948)
デヴィッド・リーン / アレック・ギネス
Oliver Twist

47位 ピーター・セラーズの労働組合宣言!!
 (1959)
ジョン・ボールティング / ピーター・セラーズ
I'm All Right Jack

48位 パフォーマンス/青春の罠
 (1970)
ドナルド・キャメル&ニコラス・ローグ / ジェームズ・フォックス
Performance

49位 恋におちたシェイクスピア
 (1998)
ジョン・マッデン / グウィネス・パルトロー
Shakespeare in Love

50位 マイ・ビューティフル・ランドレット
 (1985)
スティーヴン・フリアーズ / ダニエル・デイ=ルイス
My Beautiful Laundrette

英国映画協会「イギリス映画100選」51~60位

51位 トム・ジョーンズの華麗な冒険 (1963)
トニー・リチャードソン / アルバート・フィニー
Tom Jones

52位 孤独の報酬
 (1963)
リンゼイ・アンダーソン / リチャード・ハリス
This Sporting Life

53位 マイ・レフトフット
 (1989)
ジム・シェリダン / ダニエル・デイ=ルイス
My Left Foot

54位 未来世紀ブラジル
 (1985)
テリー・ギリアム / ジョナサン・プライス
Brazil

55位 イングリッシュ・ペイシェント
 (1996)
アンソニー・ミンゲラ / レイフ・ファインズ
The English Patient

56位 蜜の味
 (1961)
トニー・リチャードソン / リタ・トゥシンハム
A Taste of Honey

57位 恋
 (1970)
ジョセフ・ロージー / ジュリー・クリスティ
The Go-Between

58位 白衣の男
 (1951)
アレクサンダー・マッケンドリック / アレック・ギネス
The Man in the White Suit

59位 国際諜報局
 (1965/イギリス)
シドニー・J・フューリー / マイケル・ケイン
The Ipcress File

60位 欲望
 (1966)
ミケランジェロ・アントニオーニ / デヴィッド・ヘミングス
Blow Up

英国映画協会「イギリス映画100選」61~70位

61位 長距離ランナーの孤独 (1962)
トニー・リチャードソン / トム・コートネイ
The Loneliness of the Long Distance Runner

62位 いつか晴れた日に
 (1995)
アン・リー / エマ・トンプソン
Sense and Sensibility

63位 Passport to Pimlico
 (1949)
ヘンリー・コーネリアス / スタンリー・ホロウェイ
Passport to Pimlico

64位 日の名残り
 (1993)
ジェームズ・アイヴォリー / アンソニー・ホプキンス
The Remains of the Day

65位 日曜日は別れの時
 (1971)
ジョン・シュレシンジャー / グレンダ・ジャクソン
Sunday, Bloody Sunday

66位 若草の祈り
 (1970)
ライオネル・ジェフリーズ / ダイナ・シェリダン
The Railway Children

67位 モナリザ
 (1986)
ニール・ジョーダン / ボブ・ホスキンス
Mona Lisa

68位 暁の出撃
 (1955)
マイケル・アンダーソン / マイケル・レッドグレーヴ
The Dam Busters

69位 ハムレット
 (1948)
ローレンス・オリヴィエ / ローレンス・オリヴィエ
Hamlet

70位 007/ゴールドフィンガー
 (1964)
ガイ・ハミルトン / ショーン・コネリー
Goldfinger

英国映画協会「イギリス映画100選」71~80位

71位 エリザベス (1998)
シェカール・カプール / ケイト・ブランシェット
Elizabeth

72位 チップス先生さようなら
 (1939)
サム・ウッド / ロバート・ドーナット
Goodbye Mr. Chips

73位 眺めのいい部屋
 (1985)
ジェームズ・アイヴォリー / ヘレナ・ボナム=カーター
A Room With A View

74位 ジャッカルの日
 (1973)
フレッド・ジンネマン / エドワード・フォックス
The Day of the Jackal

75位 怒りの海
 (1952)
チャールズ・フレンド / ジャック・ホーキンス
The Cruel Sea

76位 Billy Liar
 (1963)
ジョン・シュレシンジャー / トム・コートネイ
Billy Liar

77位 オリバー!
 (1968)
キャロル・リード / ロン・ムーディ
Oliver!

78位 血を吸うカメラ
 (1960)
マイケル・パウエル / カール=ハインツ・ベーム
Peeping Tom

79位 遥か群衆を離れて
 (1967)
ジョン・シュレシンジャー / ジュリー・クリスティ
Far From the Madding Crowd

80位 英国式庭園殺人事件
 (1982)
ピーター・グリーナウェイ / アンソニー・ヒギンス
The Draughtsman's Contract

英国映画協会「イギリス映画100選」81~90位

81位 時計じかけのオレンジ (1971)
スタンリー・キューブリック / マルコム・マクダウェル
A Clockwork Orange

82位 遠い声、静かな暮し
 (1988)
テレンス・デイヴィス / アンジェラ・ウォルシュ
Distant Voices, Still Lives

83位 ダーリング
 (1965)
ジョン・シュレンジャー / ジュリー・クリスティ
Darling

84位 リタと大学教授
 (1983)
ルイス・ギルバート / マイケル・ケイン
Educating Rita

85位 ブラス!
 (1996)
マーク・ハーマン / ピート・ポスルスウェイト
Brassed Off

86位 おかしなおかしな自動車競走
 (1953)
ヘンリー・コーネリアス / ダイナ・シェリダン
Genevieve

87位 恋する女たち
 (1969)
ケン・ラッセル / アラン・ベイツ
Women in Love

88位 ビートルズがやって来る/ヤァ!ヤァ!ヤァ! (ハード・デイズ・ナイト)
 (1964)
リチャード・レスター / ザ・ビートルズ
A Hard Day's Night

89位 Fires Were Started (I Was a Fireman)
 (1943)
ハンフリー・ジェニングス / フィリップ・ディクソン
Fires Were Started

90位 戦場の小さな天使たち
 (1987)
ジョン・ブアマン / セバスチャン・ライス・エドワーズ
Hope and Glory

英国映画協会「イギリス映画100選」91~100位

91位 マイ・ネーム・イズ・ジョー (1998)
ケン・ローチ / ピーター・ミュラン
My Name is Joe

92位 イン・ウィッチ・ウィ・サーヴ (軍旗の下に)
 (1942)
ノエル・カワード&デヴィッド・リーン / ノエル・カワード
In Which We Serve

93位 カラヴァッジオ
 (1986)
デレク・ジャーマン / ナイジェル・テリー
Caravaggio

94位 じゃじゃ馬学校
 (1954)
フランク・ローンダー / アラステア・シム
The Belles of St. Trinian's

95位 ライフ・イズ・スイート
 (1990)
マイク・リー / アリソン・ステッドマン
Life is Sweet

96位 ウィッカーマン
 (1973)
ロビン・ハーディ / エドワード・ウッドワード
The Wicker Man

97位 ニル・バイ・マウス
 (1997)
ゲイリー・オールドマン / レイ・ウィンストン
Nil By Mouth

98位 Small Faces
 (1995)
ギリーズ・マッキノン / イアン・ロバートソン
Small Faces

99位 Carry On Up The Khyber
 (1968)
ジェラルド・トーマス / ケネス・ウィリアムズ
Carry On Up The Khyber

100位 キリング・フィールド
 (1984/イギリス)
ローランド・ジョフィ / サム・ウォーターストン
The Killing Fields

Search
Video On Demand




DVD Rental




ぽすれん
Magazine
fujisan.co.jpへ

fujisan.co.jpへ

fujisan.co.jpへ

fujisan.co.jpへ

fujisan.co.jpへ

fujisan.co.jpへ

fujisan.co.jpへ

Amazon
Link
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QR Code
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。